Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

スタッドレスタイヤ

9月折り返しの3連休。今週、関東地方はぐずついた天気が続きました(安定して晴れないため、携帯電話用に使っているソーラーパネルを出す機会がありません。)。もちろん、台風や地震の被害に遭われた方にとってみれば屁でもないのですが、やはり気が滅入ります。

オドメーターは15,000kmを超え、まだ月1,000kmペースを維持していますが、今月はまだ400km届かず。体調を崩してGolf R Variantを出さなかった週末もあり、そんな感じです。今日は久々に長距離を乗りましたが、高速を下りてしばらくしたらタイヤ空気圧のワーニングランプ点灯。もう、気もそぞろでガソリンスタンドを目指しました。給油をして空気圧を調整。そこから50km走りましたが、再点灯はなし。パンクの前歴もありますので、油断は出来ませんが、しばらく様子を見ながらです。

まだ残暑が盛り返すようですが、スタッドレスタイヤの予約をしてきました。近くのメーカー専売店がリニューアルオープン。何やらいろいろくれるみたいなので、出向いてみました。車専門誌などを読んでいると、スタッドレスタイヤの性能、日本向けへのカスタマイズも進んでいるようですが、私の場合はこちら。

tire.bridgestone.co.jpもはや信仰に近いものがあります。過去にはダンロップピレリスタッドレスを履いたこともありますが、北陸で生活したひと冬以降、銘柄指定で履き続けています。4シーズン履いたBLIZZAK VRX(走行距離の問題もありましたが、3シーズンしか持たないのが相場のスタッドレスからの進歩だと思います。)からのバージョンアップです。

値段はメーカー希望小売価格のほぼ8掛け(カタログをもらってきましたが、メーカー希望小売価格が記載されています。今時オープンじゃないんだと思いました。)。これに脱着、古タイヤ処分などの費用がかかります。価格.comなどをみていると半値近いものもありますが、1年落ちのものでしょうか。リニューアルオープンの出精値引きがあったのかどうかは分かりませんが、Golf R Variant用のサイズはそうそう汎用性があるものではないので、早期予約で物品確保です。

2ヵ月以上先ですが、脱着の予約も入れました。スタッフから、BLIZZAKの発泡ゴムの関係上、300km程度は慣らし運転をしないと効果が出ないといわれ、予約した日で大丈夫か、と問われました。今夏の酷暑とはいえ、早く冬が到来しても、ゲレンデを雪が覆って、おそらくその日にスキーに行く可能性は低いので、脱着の予定日は替えませんでした。

「戦利品」として、リニューアルオープンの来店者にティッシュ3箱と洋菓子、購入者にゴルフボール2個(私はゴルフをしないので、会社の同僚にあげようと思います)と、抽選で末等のレトルト食品(2等はカップラーメン1ケース)。実用的な物なので助かります。

昨シーズンは「惨敗」に終わったスタッドレスタイヤ&スキー。今シーズンはスキー用品投資の端境期(4年サイクルで、ウェア→板→ブーツ→何かと回りますが、その「何か」の年)ですが、ポール(ストック)+グローブとゴーグルを手配しています。板はまだチューンアップから戻ってきていませんし、手配したものもこれから。スタッドレスタイヤ共々、効果を発揮してくれることを期待します。