Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

Golf R Variantへの乗り換え

2014年9月に登録されたGolf R。約24,000kmをともにしました。価格に見合っただけの車ですし、大きな不満はありませんでした。

280馬力・38.7m-kgを生み出す2リッター4気筒エンジンの力を四輪駆動「4 MOTION」に振り分けて走る力は、いかなるコンディションをものともしません。アダプティブシャシーコントロール「DCC」は、日常使いでは「エコ」モードを選択すれば、アクセルペダルを離すとコースティング(空走)モードに切り替わり燃費を稼ぎますし、「エコ」「コンフォート」にしておけば、乗り心地も極めてジェントルです。それを「レース」モードに切り替えると、獰猛さを見せます。ワインディングロードでもコースに追従してピタッと張り付くように踏ん張る足回りは爽快そのもの。四輪駆動車にありがちな曲がりにくさも、「4 MOTION」と電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」で前後左右にトルクが適切に配分されることにより、感じさせません。通しての燃費も12km/L程度。大飯喰らいというわけでもありません。

内装はフォルクスワーゲンゴルフの伝統的な配置に、Golf R専用のデコレーション。きちっとまとまった中央に鎮座するのが、インフォテイメントシステム「Discover Pro」。ナビゲーションシステム自体は、日本車や日本のナビメーカーに比べると洗練されていないのは致し方ないなと感じますが、決定的に不足しているものではありません。

といっている間に、ディーラーセールスから、Golf RにVariantが設定されたという一報がありました。若干のバージョンアップもさることながら、最初からこの選択肢があれば、Variantだったなーと感じさせるもの。

というのも、全長4,275mmのゴルフ。4輪をオーバーハングを切り詰めて配置してあることから、4人乗車そのものに窮屈さはありませんでしたが、スキーには今ひとつでした。Golf Rには分割可倒式リアシートとリアセンターアームレストのトランクスルーが用意されているのですが、165cmのスキー板を放り込むには中途半端。トランクスルーを使うと、スキーのトップが前席アームレストに出てしまいます。ブレーキを踏んだときにスキーが動いてしまうと危ないです。となると、可倒式リアシートの出番となりますが、165cmの板を入れると、斜めにしてようやくギリギリ。ラゲージスペースの側壁はずいぶん傷つけてしまいました。

冬場は、ブーツ、ポール、ヘルメットを入れっぱなしにして、板は都度自宅から持ってきて乗せるスタイルですが、コンパクトさゆえの取り回しの良さと、窮屈さが気になっていました。

加えて、2年半振り回してきたことで、少し疲れも見えてきました。レースモードに設定してワインディングを走ると、車体のロールが以前よりも大きくなってきました。当然9月には車検がやってきます。乗り続けるかどうかの判断をする時期が徐々に近づいてきました。

ディーラーセールスから、第7.5世代のゴルフの情報がもたらされたのが5月の連休明け。その前にディーラーでETC2.0のセットアップをお願いした際、ディーラーのスタッフ(セールスとは別)に、「フェイスリフトが出るまでは乗り続けるので」というメッセージを伝えていましたので、正式発表前に連絡がありました。

Golf R Variantが設定されること、インフォテイメントシステム「Discover Pro」が大きくバージョンアップされるとともに、フォルクスワーゲン傘下のアウディ車に導入されていたデジタルメータークラスター「Active Info Display」が取り入れられること。エンジンが遂に280馬力のくびきを超えて310馬力までスープアップし、さらに7速DCTが導入されること。魅力的なフェイスリストです。

頼みもしないのに、ディーラーセールスから社内用の資料、そして料金表、見積書が送られてきました。カタログが届いて前記の内容を確認すると、週末にディーラーに足を運びました。

これまで、実車を見ないで、また試乗もしないで、車を買ったことはありませんでした。まだ正式発表前のこと、ショールームに新型ゴルフを並べるわけには行かず、セールスはパーキングロットにある新型ゴルフ(ただしTSIハイラインのVariant)をこっそり見せてくれました。もちろん、心の準備をしてディーラーに足を運んでいますが、即決しました。価格面も相当譲歩してくれたと思いますし、納車は6月になるとの条件も前向きになりました(車検が近くなれば、下取り価格が下がっていくので、より資金的に厳しくなります)。

結局、車両登録は5月中、納車は6月9日となりました。

次からのエントリーでは、第7世代のGolf Rと、第7.5世代のGolf R Variantの違いを書いていきたいと思います。