Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

今さらながら気づいたこと

Golf R Variantとも9ヵ月目。距離を伸ばせていません。今月の第1週はハーフマラソン。3年連続3回目(といってもエントリーすれば出られます)でしたが、過去2回に比べ惨敗でした。折り返し点を超えた登り坂に足が止まってしまい、後半は半分以上歩きました。当然タイムも過去最低。体調が悪いというわけではありませんが、2月あたりから変調は感じていました。それがそのまま本番で出てしまいました。身体面でのダメージはすぐ回復しましたが、心のダメージは癒えていません。大会の翌週・翌々週とランニングをしたものの、2月あたりからの変調したままの同じ感触が拭えません。来年雪辱を期するかどうかは、エントリー時期の心境に左右されそうです。

ハーフ終わったら、親の敵のようにスキーに行ってやる…という想いもしゅーんと消えてしまいました。それに輪を掛けた、2月までの寒さが嘘のような温かさ。10年以上前に湿雪に足を取られて足首の靱帯を痛めたことがあり、春分の日に行くかどうか、逡巡しています。そんなこんなで今月は稼働も下がっています。

先代のGolf Rから続けて4シーズン履いたスタッドレスも、宝の持ち腐れで寿命を迎えるでしょう。4月第1週の週末、馴染みのタイヤ専門店に換装の予約を入れました。年度替わりにスキッと新モードに切り替えです。

タイトルにある、最近になって気づいたことですが、BLUEMOTION TECHNOLOGYのSTART/STOPシステム。車が停止したときにエンジンを止めてアイドリング時のムダな燃料消費を抑えるという機構ですが、どうやら第7.5世代からは、レーダーセンサーと連動して、前の車が動き出したら自動的に再始動する仕組みを入れているようです。信号待ちの時、前の車がちょっと動いただけでも、アクセルを踏んでもいないのに、エンジンが再始動することが気になっていました(オートホールド機能はON)。確証はありませんが、最前列で止まっているときには発生しません。これも細かなアップデートであるようです。

4月から新年度。私の周辺でも細かく動きがあります。人事異動は自身にはありませんでしたが、同僚が数名入れ替わります。駐車場の優待があった隣町の大型書店が3月いっぱいで閉店。駅周辺には大型書店が少なくとも3つありますが、車で乗り付けやすかったので、次の対応を考えなければ鳴りません。新年度頭の混乱を抜け出したあと、5月の大型連休では、小旅行でのレポートができればと思っています。