Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

2017年回顧

本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、前回アップしたスキー以外、遠征はしませんでした。スキーで受けたダメージ(身体的なものがほとんどですが、こころのそれもあります。)が思いのほか大きく、年内にもう一度遠征するのを取り止めました。

年明けは、元日に親元に帰省しましたが、自宅から直線距離で30kmですので、遠征のうちにはいりません。2日は箱根駅伝の応援をしたあと、車を出すことなくちょっと買い出し程度、3日は自宅近辺をうろうろ。明日4日から平常運転に強制移行です(涙)。

第7世代Golf Rから第7.5世代Golf R Variantに乗り換えたというイベントがあった2017年、数字で振り返ってみたいと思います。

 2017年の給油実績です。赤線の上、5月3日までがGolf R、その下がGolf R Variantです。「回数」は、給油から給油までの間に乗った回数(実際は日数)、「日数」は前回給油からのインターバルです。

f:id:golfr_variant:20180103182344j:plain

一番下のRとVariantの計算が合いませんが、これは納車直後(6月9日)の満タン給油をカウントしていないことによるものです。

車載燃費計と満タン法による燃費計算は、最大で0.8km/L、燃費計の方がよく出ます。これは先代Golf Rでも差はありません。給油は1回を除き全てセルフのガソリンスタンドで、(本来推奨されませんが、)給油口ギリギリまでちょろちょろ継ぎ足して満タンにします。唯一1回のフルサービスのガソリンスタンドの給油実績でも特異な差があるわけでもないので、計測方法の違いによるものと思われます。

燃費は11km/L台、「回数」が二桁になるということは、1日あたりの走行距離が短いことを繰り返していることを意味しますので、そのタイミングでは満タン法で10km/L台まで落ち込みます。その逆は、長距離を移動していることになりますので、14km/Lまで近づいています(車載燃費計で14.5km/Lは驚異的な数値です。夏休みに東北旅行からの帰路、石巻市内で給油し、福島県内の帰還困難区域内の国道6号線常磐道とを、ひたすら走ったことによるものでしょう。)。

次は毎月ごとの走行距離などのデータです。6月の上の欄までがGolf R、6月の下の欄からがGolf R Variantです。納車時のオドメーターが12kmを示していましたので、それも反映しています。「使用率」は、乗車回数を1ヵ月の日数(1月なら31)で割ったものです。

f:id:golfr_variant:20180103180855j:plain

ロングランをしたのは、Golf R時代の5月(下部温泉)、Golf R Variantになってからの8月(那須石巻旅行)、12月(先日のスキー)が主なところです。

給油の表と見比べてみると、9~11月に1回(1日)あたりの走行距離が伸びていないことが見て取れます。ただ、スキーに遠征することができなかった1~3月と比較すると、それほどでもないかなとも思えます。もちろん、「新車効果」があるのは事実ですが。

いかがだったでしょうか。2018年も、こんな感じで書き綴っていきたいと考えておりますので、興味のある筋はお付き合いいただければ幸いです。