Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

トラブル

今日から暦の上では3連休。朝方雨が降っていましたが、久々にすっきり晴れた休日でしょうか。どこかに出かけようと思いましたが、JARTICの交通情報を見ると真っ赤っか。明日以降に出かけることに備えて、ガソリンスタンドに向かいました。

カードを通して、いざ給油口の蓋(リッド)を開けようとすると開きません。リッドは一度押し込むとポップアップするような形状ですが、なんとなくボディ面から凹んでいるように見えます。給油を諦め、ディーラーに向かいました。

待つことしばし、ショールームにはこのほど発表された「アルテオン」が展示されていました。ざっくり言えば、駆動系はほぼGolf R、内装はPassatということでしょうか。ヘッドアップディスプレイが印象的です(アクティブインフォディスプレイがあるのに必要か?という印象はありますが)。ちょっと座ってみましたが、大きいなと。全幅が1875mmと、Golf Rから75mm広くなっています。室内の印象はその分余裕ができたなとは感じなかったのですが。リアラゲッジドアの自動オープン機能は、是非Golfにも欲しいところです。(残念ながら、自宅駐車場の制約で、将来であっても買うことはできませんが。)

1時間弱でサービススタッフから声がかかりました。給油口のキャッチのアッセンブルを交換する必要があるとのこと。部品は水曜日到着予定。ドアロックと連動しているそうなのですが、受け側と差し込み側の一部が干渉しているようで、ポップアップ出来なくなっています。前回給油は3週間ほど前。乱暴にリッドを押し込むようなことはしていませんが、何かしてしまったのでしょう。

「開ける術はあるんですか?」とスタッフに聞いたところ、「ある」というので、実演してもらったのですが、リッドを車両前方にずらして隙間に爪をいれてこじ開けるような動き。見よう見真似でやってみますが、生憎爪は短いし、何回かやってみても上手くできません。ボディについていく手垢。再現出来ないならば、諦めるしかありません。

前回給油後の走行距離は約400km、ガソリン残量はメーターで5分の2程度。アクティブインフォディスプレイの走行可能距離も200km。給油出来ない可能性がある中、この3連休、車での遠出は諦めざるを得ません。

日曜日の午後に入庫、水曜日に引き取る予定です。

それにしても、先日のパンク、今回のフューエルリッド、このブログとは関係ありませんが、ブログを書いているPCの不調(Windows 10のFall Creators Updateを適用したところ、スタートメニューが出なくなり、動きも全体に緩くなりました。Microsoft Surfaceを使っているのにこれかよ…と思います。)、Androidタブレットの不調(2年契約があと数か月残っていましたが、エラー地獄で操作出来なくなり、機種変更に踏み切りました。新機種でも、再びエラー地獄に陥りましたが、強制初期化後は無難に動いています。)、ランニングシューズの破壊(まぁこれは経年劣化ですが)と、巡りがちょっとよくありません。厄払いにでも行った方がいいのでしょうか。