Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

失速

6月に納車されてから、毎月コンスタントに1,000km以上(8月は2,000km以上)走破してきたGolf R Variantですが、9月は500kmにも届かず、失速してしまいました。決して厭きたわけではなく、1日までが夏季休暇でプチ遠出したものの、翌週末は体調を崩し自宅静養。3連休もなんやかやで距離を伸ばすことなく終わりました。仕事が忙しくて、夏季休暇が取れないどころか、休日出勤も重なった昨年8月以来の走行距離となりました。

明日から始まる来月も、3連休に法事で帰省しますが、新幹線での移動のため、この3日間は車に乗れない見込みです。中だるみといったところでしょうか。

12月早々にはスタッドレスタイヤに換装する予定ですが、先代Golf Rでも使ってきた4シーズン目(走行距離8,800km程度)となるBLIZZAK VRXです。これまではゴムの劣化などもあり、3シーズンごとに買い換えてきたのですが、今年の春、ノーマルタイヤに換装する際、ブリヂストンのタイヤのプロである「タイヤ館」のスタッフから、「もう1シーズン大丈夫です」と(本来なら新しいタイヤを売りたいところでしょうが、)お墨付きをいただきました。

スタッドレスタイヤといえば、以前はブリヂストンがダントツだということを聞かされてきましたが、最近は性能差はどうなのでしょうか。Golf Rは純正タイヤがブリヂストンですから、相性は悪くないはずですが、比較をしてみたいところです。

昨冬は、趣味のスキーには一度きり、東京近辺では降雪もなく、雪上走行はほぼゼロ(一度きりのスキー場の取り付け道路のわずかな距離)という惨憺たる結果に終わりました。今年は新しいマテリアルも手配済み。4 MOTIONが生きる冬にしたいものです。