Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

Active Info Display

今回のフェイスリフトの目玉、「Active Info Display」について取り上げてみます。

端的に言えば、機械式メーターをLEDディスプレイに置き換えたというものです。同じフォルクスワーゲングループのアウディに搭載され、その成果は「実証済み」であることを踏まえ、満を持してグループ主力車であるGolfに投入されたものといえます。機械式メーターに比べれば視認性は劣るのは事実ですが、それがはっきりわかるほどのものではありません。また追従性も相応のものと理解しています。

フォルクスワーゲンにしてみればかなりの「冒険」をしたのかもしれませんが、それはあくまで「堅実」という範囲内の「冒険」に過ぎないように感じます。

例えば表示できる機能は、先代のGolf Rと比較しても、カーナビ画面が表示できるようになったこと、ACC設定時に設定速度と実速度とのギャップが視認できるようになったこと、マルチインフォメーションディスプレイを切り替えないと表示できなかった情報のごく一部が同時に表示できるようになったこと、くらいでしょうか。

これがTSIハイラインならともかく、トップエンドのRにはもうちょっと「冒険」がほしかったところです(もちろんそうすることで、コストアップの要因になるのはわかりますが、プラットフォームやパーツの共有とは異なり、プログラミングの工数の問題ではないかと。)。

例えば、カーナビ画面はDiscover Proの画面に任せて、レクサスに設定されたような、回転計をセンターに、その周りに速度計、連成計などを配した画面(連成計はDiscover Proの画面で表示できます。)が表示できると、よりレーシーな雰囲気を醸し出せると思うのですが、そこはフォルクスワーゲンの「堅実」さが優先されたと思います。加えてRには、4 MOTIONによる前輪・後輪へのトルク配分計がほしいところです。

逆に、タウンユースでは、スピードとカーナビを前面に押し出し、他の情報は小さくするといった工夫もあってよかったと思います。