Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

1ヵ月点検

納車から1ヵ月と1日。1,523kmで1ヵ月点検に入庫しました。

ディーラーで待っていると、見た記憶のあるGolf Rが店頭に駐まっていました。認定中古車として売り出さされているのは1ヵ月と1日前まで私が乗っていたGolf Rでした。スキー板を倒してしまったときにつけた細かい傷の位置が同じ。1ヵ月と1日ぶりの対面です。値札は、当然下取り価格より高いものです。商売ですから当然です。「売上高売上総利益率」でいうと9%。中古車としての利鞘が十分なのかどうかは分かりませんが、納得して引き取っていただいたし、ディーラーサイドも納得して(新車を売りたいということも含めて)引き取ったと思うので、早くセカンドライフの相手を見つけてもらいたいものです。

以前も書いたかも知れませんが、定期点検について日本車と違う点は、

  1. 点検サイクルは1ヵ月点検の後は、1年に1回。(日本車は半年に1回)
  2. 1ヵ月点検でオイル交換はしない。年1回のみで、エンジンオイルが減ったら(自分で)補充する。

の2つだと感じます。フォルクスワーゲンの場合、自社ブランドの純正オイルに、API(米国石油協会)のエンジンオイル規格に加え、フォルクスワーゲン独自の規格を設けています。このため、カー用品店で売られている有名なエンジンオイルを使うことは推奨されないことになります。フォルクスワーゲンの独自規格は不明ですが、ロングライフな設定にしているようで、半年ごと(や3,000~5,000kmごと)にオイル交換することを求めていません。

基本はコンピュータを接続してチェックをしつつ、オイルやクーラント、空気圧などといった目視・触診が必要な箇所を確認していく、という行程だと思われます。結果は当然ながら異常なし。洗車込みで1時間を少し超えるくらいの待ち時間です。次の点検は11ヵ月後となります。

1ヵ月と1日経って気になるのは、運転席のフットレスト付近の化粧板が「びびる」ことです。サービススタッフにこの点を聞いてみると、Rに加え、ALL TRACKやGTIでも同じような症状が出ているようですが、インポーターやメーカーから具体的な指示が出ている状況ではないようです。表面的な緩みが見られるわけではなく、確認するなら時間を取って内張をとって確認するしかないとのことなので、今回はそのまま放置することにしました。

昨日・今日と関東地方は真夏の暑さとなりました。ヘタレを見せることなく、車とともに夏を乗り切りたいと思います。