Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

燃費(慣らし運転中)

今日は幸いにもプレミアム・フライデー(ただのフライデー a.k.a. プレミアムフライデー © @SHARP_JP)に肩を押され、早めに帰宅して、Golf R Variantを駆って、馴染みのスキーショップに顔を出しました。ショップの店長が目ざとく私のGolf R Variantに気づきました(先代Golf Rに乗っているのをご存じなので、まさに目ざとくです)。ご自身は第5世代のGolfに乗られているとのこと。知らない人にはただのフォルクスワーゲンゴルフに、知っている人にはRだと気づかれるのが、Golf Rならではだと感じた瞬間です。

 さて、納車から4回目の週末を間もなく迎えます。来週で1か月。日本車では1か月点検のあと、半期ごとに入庫するようメンテナンスプランが組まれていますが、フォルクスワーゲンの場合は、1か月点検の後は12か月点検まで入庫はありません。エンジンオイルも、フォルクスワーゲン認定のロングライフ型のものが指定されており、3000~5000kmでオイル交換、ということもありません。ユーザーが定期的にオイルレベルを点検し、必要に応じて補充するという考え方で、基本は1年に1回の点検時にオイル交換をするだけ。このあたりも考え方が違います。

 Golf RからVariantに転じたことで、車両重量は60kg増加しています(先代Golf Rは1,500kg、先代Golf R Variantは1,560kg。)し、フェイスリフトで10kg増加しています。また最高出力・トルクもアップしており、当然ながら燃費への影響が気になるところではありました。

 しかしながら、2回の給油(納車直後にもう1回給油していますが、これは満タンになっていない状況なので除外します。)における満タン法による燃費は11.9~13.3km/L(Discover Proで表示される燃費計では12.7~13.8km/Lと、いい方に出ます。)。これは、Golf Rの平均燃費(11.4km/L)を大きく上回っています。もちろん、この2回の間、1日あたり走行距離が100kmを超えており、かつ高速道路などの走行が多いことは影響しているとは思いますが、車両重量増加にもかかわらず、有意に燃費向上が認められると考えています。

 貢献しているのが新たに搭載された湿式7速DSGと思われます。前車Golf Rでは6速100km走行時のエンジンは2,400回転前後であったのに対し、Golf R Variantでは7速で2,000回転以下。この差が効いているのは事実です。市中走行でも、DCCを経済的な「エコ」や「コンフォート」モードに切り替えると、そこそこ速度が上がると積極的にハイギアに入れようとする傾向が見られます。また、BluemotionテクノロジーによるStart/Stopシステム(アイドリングストップ)も、先代よりより積極的にエンジンを止めてきます。加えて言うならば、DCCを経済的なモードにしておくと、エンジン音も回りに憚れるような爆音ではないですし、停止・起動もかなり穏やかです(DCCのカスタムモードでは、エンジン音の選択ができます)。

 それ以外に細かいチューニングがどこまでされているのかは分かりませんが、燃費向上はユーザーにとって好意的な情報でしょう。

 エンジン慣らし運転も終わりましたので、できればワインディングロードでの走りを今週末確かめたいところです。