Golf R Variantとの日々

2017年式Golf R Variantについてつらつらと書いていきます。車の専門家でもジャーナリストでもない所詮素人ですが、2台続けて第7世代Golf Rを選んだ理由をお伝えしたいと思います。

オプション

以前のエントリに書いたとおり、Golf Rにはほとんどオプションの選択肢がありません。メーカーオプションとなると、Variantの電動パノラマスライディングルーフのみ。あとはディーラーオプションでの選択です。

ディーラーから5月登録~6月上旬納車としたいとのリクエストがあり、その代わり、何かおまけをつけてくれることになりました。ディーラーセールスからはコーティングの提案があったが、ディーラーオプションでどうかとの意向を伝えると、金額の限度はあるがOKとのこと。

契約前の段階で当然考えるのはフロアマットですが、今回のGolfに用意されているフロアマットは最も安いもので30,000円(税別)。前回Golf Rを購入したブラックのソリッドなフロアマットは13,400円。結局、フロアマットは購入せず、前のGolf Rから載せ替えることにしました。3~4万円を惜しんだということもありますが、Golf Rのインテリアに柄物のフロアマットは合わないような気がしたことも大きいです。

定番となるサイドバイザーは昔からつけない主義。タバコも吸わないし、サイドバイザーが役に立ったという機会が、年に何度あるかだろう。15,000円(税別)の価値があるかはそれぞれではないでしょうか。

ディーラーセールスには、パーティショングリル(税別35,000円)は予算的に大丈夫かと打診をしたところ、走行時に音が出るので薦められないとの率直な反応。また、ラゲージネット(税別9,700円)はカー用品店で買った方がいいとのアドバイス(ただ、最寄りのカー用品大手某A店には、ラゲージネットの販売がなく、ラゲージフックを使った結束バンドのようなものを2本買い、X字状に張り巡らせることにした)。そうなると、欲しいものがなくなり、リバーシブルラゲージマット(税別18,000円)に落ち着きました。

この他、前のGolf Rから、レーダー探知機ドライブレコーダー、電源ソケット、ゴミ袋フック(2セット)などを持ち越し。ディーラーオプションで、ヘッドレストフック(税別1,800円)、クリーンバッグ(同3,800円)、フック(ベースモジュールが必要なので同7,800円)などが用意されているが、このあたりはカー用品店で仕込むことが十分ではないかと思います。GOLFというロゴがついていることをどう価値判断するかでしょう。リアシートに座る機会が多い場合は、サンブラインド(税別34,000円)は後付け感がないという点でお薦めかも知れません。

Golf Rに特化すると、あまり役に立たないエントリですが、何かの参考になればと思います。